肥満対策

スキンケアも行えるイソフラボン効果

大豆製品に多く含まれるイソフラボンには、様々な健康効果があることでも知られていますが、やはり最近注目を集めているのが、女性にとっては嬉しい美肌効果です。
ここではスキンケアも行えるイソフラボンについていろいろ探っていきます。

イソフラボンという名前が広まったのは、それが有名化粧品メーカーが発売している多くの化粧品に配合されるようになったからです。
その名前はテレビCMなどでも頻繁に世間に流れるようになり、今では美容にうとい男性でも、その名前くらいは知っている人がほとんどです。

イソフラボンに美容効果があるのは、それが女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするからです。
エストロゲンは、女性らしい丸みのある身体のラインをつくるのに関係している女性ホルモンで、バストアップもエストロゲンがなければできないと言われています。
そのため女性らしい身体づくりをするには、エストロゲンの分泌を促す必要があります。

20歳前後の成長期には何もしなくてもエストロゲンはたくさん分泌されますが、成長期に無理なダイエットをしたりバランスの悪い食生活を送ったり、過度なストレスや睡眠不足などはエストロゲンの分泌量を減少させることになり、お肌にも悪影響を与えることが分かっています。
またエストロゲンは年齢を重ねるごとに分泌量が減少していき、40代~50代に女性が更年期障害になるのも、女性ホルモンの分泌量が急激に減少して、ホルモンバランスが崩れるからだと言われています。

エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを意識的に摂取することで、エストロゲンの分泌量を多くするのと同じ効果を得られます。
お肌に関しては、美容成分のコラーゲンを生成し、肌の弾力や潤いを保つ働きをしてくれます。
若い時でも、ストレスなどでホルモンバランスが乱れてしまうと肌が乾燥したり、ニキビや吹き出物が出やすくなりますが、イソフラボンを意識的に普段から摂取することで、肌荒れを防ぎ美肌効果を得ることができます。

このように、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを意志的に摂取することで、弾力と潤いのあるお肌を維持することに役立ちます。
加齢によるお肌の老化や更年期障害もそれによって予防できます。