肥満対策

イソフラボンの科学構造はエストロゲンに酷似

女性らしい身体のラインをつくり、お肌の弾力や潤いを保てるのは、エストロゲンという女性ホルモンが大きく関係していると言われています。
ここではエストロゲンに化学構成が酷似しているイソフラボンについて探っていきます。

身体の内外の若さをサポートするのが女性ホルモンのエストロゲンですが、残念なことに女性ホルモンの分泌量は加齢と共に減少していきます。
特に40代~50代にかけては、20代の時の半分かそれ以下しかエストロゲンは分泌されなくなり、閉経に向けて急激に減少していきます。
そのせいでホルモンバランスが崩れて、女性特有の更年期障害を引き起こしてしまいます。

女性ホルモンの分泌を促すためには、できるだけストレスのかからない規則正しい生活を送り、十分な睡眠を取ることが求められますが、それでも若い時と同じ分泌量を維持することはできません。
そこでおすすめなのが、エストロゲンと化学構成が酷似しているイソフラボンの摂取です。

イソフラボンはその化学構成式がエストロゲンの化学構成と非常に良く似ているため、それを体内に摂り入れることで同様の効果を得られます。
女性は閉経に向けて、これまで若さを保っていたふっくらとしていた肌が失われていき、たるみやシミなどが発生しやすくなります。
またホルモンバランスが崩れると精神的な不調も現れ、重度なうつ病にかかる人も見られます。
そうなれば病院で投薬治療などの適切な処置を受けなければ正常な精神状態を維持できなくなってしまいます。

さらに血中コレステロール値が上昇して、動脈硬化となり、そこから様々な病気を引き起こす可能性が高くなります。
骨からカルシウムの流出もはじまり、女性に多い骨粗しょう症にもなりやすくなります。見た目の若さを維持するためにも、健康を維持するためにも、イソフラボンを積極的に摂取することをおすすめします。

このように、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと化学構成が酷似しているため、それをすすんで摂取することで、更年期障害や加齢に伴って発症しやすい見た目の老化現象を防ぐことができ、健康維持にも役立ちます。