肥満対策

海外から注目のイソフラボン

イソフラボンは大豆製品に多く含まれているため、納豆や豆腐や味噌汁を毎日のように食べる日本人はそれを摂取しやすい環境の中で生きています。
ここでは海外でもイソフラボンが注目されている理由について紹介します。

イソフラボンと言えば美容効果が有名ですが、健康維持やダイエット効果など様々な効果があることが分かっています。
日本人女性に限らず、女性は世界共通でいつまでも若く美しくいたいものです。
高い美容効果が得られるこの成分が海外から注目されるのは当然と言っていいでしょう。

昔から大豆製品を自然に摂ってきた日本人は、肉中心の食生活をしてきた欧米人よりも体格的には恵まれてはいませんが、その分肥満になる人は圧倒的に少ないと言われてきました。
しかし食の欧米化が加速している日本でも、近年では肥満になる人が増えていて、自然にイソフラボンの摂取量が減少していることが予想できます。

イソフラボンは強力な抗酸化作用を持っていて、それがダイエット効果を生み出しているとも言われています。
日本食は健康に良い食べ物として海外から注目を集めていますが、その1つの理由には日本食にこの成分が多く含まれていることが挙げられます。
日本人は乳がん患者の数が少ないと言われてきましたが、食の欧米化に伴い乳がん患者の数も増えています。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることから、乳がん予防の他にも、子宮がんやあらゆるがんの予防になるとされています。
そのことからも日本食は注目されているので、せっかく日本食を食べることが容易にできる有利な環境に置かれている私たちは、すすんでこの成分をたくさん含む日本食を食べたいものです。

このように、最近では健康食として日本食が海外でも人気となっていますが、その大きな理由として日本食には様々な美容効果や健康効果を持つイソフラボンを含む食材が多いからです。
大豆製品にその成分は多く含まれているので、普段から積極的に摂取しましょう。