肥満対策

更年期障害にはイソフラボンが効果的?

その高い美容効果が話題となり、最近では数多くの化粧品にも配合されているイソフラボンは、更年期障害の予防や改善にも効果があることで注目を集めています。
ここではなぜそれが更年期障害にも有効などか探っていきます。

更年期障害は40歳を過ぎた、40代から50代の女性に起こる症状で、人によって程度は異なりますが、症状が重ければ精神的にうつの状態が酷くなり、発汗や手足のしびれなどのその大きな特徴です。
症状が重くなれば日常生活を送るのが難しくなる人もいて、その場合は病院で治療を受けなければいけません。
更年期障害の治療法には、カウンセリングもありますが、ホルモン補充などの薬物投与が主になります。

更年期障害の原因は、加齢による卵巣機能の低下によるもので、卵巣から分泌されているエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減少して、それにより自律神経のバランスを崩すことによるものです。
イソフラボンが更年期障害に効果的なのは、それがエストロゲンと同様の働きをするからです。

イソフラボンを意識的に摂取することで、エストロゲンの分泌を促すのと同じような働きをすることになり、ホルモンバランスを整えて更年期障害の予防や改善ができることになります。
イソフラボンはサプリメントで摂取してもいいのですが、納豆や豆腐や味噌汁などにたくさん含まれているため、毎日それらを普通に食べるだけで、必要な量を簡単に摂ることができます。

しかしここで問題なのは、イソフラボンはエストロゲンと同じような働きをすることから、過剰摂取をすればホルモンバランスを乱す可能性もあるということです。
1日当たりの摂取量の目安は、上限値が70~75mgとなっていて、サプリメントなどから摂取する場合は、1日30mgが望ましいとされています。
例えば納豆であれば1パック、豆腐なら半丁で50mgを摂取できるので、摂り過ぎには十分に注意して、適度に毎日摂取することをおすすめします。

このように、美容効果が話題となっているイソフラボンには、女性特有の更年期障害の予防や改善に効果もあることが分かっています。
女性ホルモンと似た働きをすることから、ホルモンバランスを整えて、更年期障害の発症を抑えてくれます。