肥満対策

イソフラボンは動脈硬化を防ぐ?

動脈硬化は、加齢や高血圧や運動不足や肥満などが大きな原因となり、血管を硬くする症状のことですが、その症状が進めば心筋梗塞や脳卒中などの命に関わる重篤な病気を引き起こす非常に怖いものです。
ここではイソフラボンの動脈硬化防止効果について紹介します。

イソフラボンは最近化粧品などに配合され、高い美容効果を持つ成分として女性を中心に注目を集めている成分です。
それが高い美容効果を持っているのは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンに似た働きをするからです。
加齢や乱れた生活習慣やストレスなどによってエストロゲンは減少して、それが肌荒れや老化の原因となりますが、イソフラボンを摂取することで、それらを予防し、改善させることができます。

そんなイソフラボンには、高い美容効果の他にも様々な健康効果があることが分かっていて、その1つに血管の悪玉コレステロールを取り除いて、血行を良くする働きがあります。
さらに悪玉コレステロールを取り除くだけではなく、善玉コレステロールを増やして、血管を拡張させる効果もあることが分かっています。

動脈硬化は、動脈内の壁に中性脂肪やコレステロールが張り付いて、本来の血管の弾力性を失っている状態のことで、こうなれば体内に栄養分や酵素がスムーズに運ばれなくなります。
栄養分や酵素を運ぶ血液を無理やり流そうとすると動脈に負担をかけて、血管をボロボロにしてしまい、高血圧にもなってしまいます。
こんな恐ろしい状態を回避するためには、進んでイソフラボンを摂取する他にも、暴飲暴食を避けて、規則正しい生活を送ることが大切になります。

イソフラボンはサプリメントなどからも摂ることはできますが、大豆製品にたくさん含まれているため、できるだけ納豆や豆腐や味噌汁などから摂るようにして、バランスの良い食生活に改善することをおすすめします。

このように、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンには、悪玉コレステロールを取り除いて善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を予防改善する効果もあることが分かっています。
心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす前に早めに対策を取りましょう。